Menú Cerrar

パンクラス MMA

COMPARTE EL DEPORTE

1992年12月、船木誠勝、鈴木みのるらはメガネスーパーをスポンサーとしたプロフェッショナルレスリング藤原組に所属していたが経営悪化から鈴木のみが解雇されそうになったことに反発した船木が退団した後、鈴木を含むほぼ全所属選手が追随。しばらくは活動拠点を持たず「船木派」として自主練習を継続。その後、UWF時代の縁故を頼り尾崎允実を社長として設立したのがワールド・パンクラス・クリエイト。

パンクラスの旗揚げが発表される前後までに全所属選手が肉体改造を行い体脂肪を極限まで絞り込んだ藤原組の時とは一変したプロボクサーを思わせる筋肉質な体型を披露してプロレスと格闘技のファンに衝撃を与えた。


COMPARTE EL DEPORTE

Artículos relacionados

Deja un comentario

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *